メニュー

  • 当院について
  • 病院概要・理念、方針
  • 理事長・院長からのメッセージ
  • 院内設備のご紹介
  • 関連施設のご紹介
  • メディア掲載・学会活動
  • 社会貢献活動

理事長・院長からのメッセージ

理事長・院長からのメッセージ

白山リハビリテーション病院の役割

障害があっても、高齢でも生き生きとした生活が送れるために

昭和60年7月に白山外科クリニックを開業してから10数年の間、多くの外科手術、骨折の手術を行い、脳卒中・認知症の方、自宅での生活が困難な方を数多く診て参りました。地域で寝たきりの方をなくしたい、障害があっても、高齢でも生き生きとした生活が送れるためには、リハビリテーションが必要と思い至り、リハビリテーション専門の病院を作ろうと考えました。

理想的な病院を作ろうと、安田院長と共に、全国の主な病院を訪ね、建物から、運営、新しいリハビリテーションの進め方を教わり、さらに熊本機能病院の皆様のご好意で長期の研修をさせて頂きました。

平成14年2月に回復期リハビリテーション病院を開設いたしました。地域の先生方に回復期リハビリの必要性とそれを担っていく病院であることを訴え、ご理解ご協力を得て、平成16年7月には全病床84床全てが、回復期リハビリテーション病棟となりました。

緑に囲まれた小さな病院ですが、安田院長のもとリハビリテーションの目標を高く定めて、スタッフ全体が意見統一してまとまり、チームワークを大切に、一人一人の患者さんを中心にリハビリテーションを進めていく体制ができあがってまいりました。

平成18年には病院機能評価の認証を受け、この数年では自宅復帰率、自立度の改善でも全国のトップレベルとなり、基幹病院の先生方の信頼をいただけるようになりました。

これからもリハビリテーションの質を高め、ボリュームを増やし、患者さんが更に良い状態で退院できることを目指し、また重症度の高い方、重度の高次脳機能障害の方にも対応できるようにしたいと考えています。

退院後もリハビリテーションを続けられるように、通所リハビリテーション施設を設置しました。これからも地域リハビリテーションにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

皆様のご指導、ご指摘いただき、より良い病院となるように努力いたします。

白山リハビリテーション病院 理事長 寺澤利昭

以下の3つの目標にリハビリテーションを進めていきます。
  1. 1:移動手段(歩行、車椅子)の獲得
  2. 2:日常生活動作の自立
  3. 3:自宅に帰る

当院は2002年2月に回復期リハビリテーションを専門とする病院として設立しました。回復期リハビリテーション病棟は病院の機能分化が進む中で寝たきりを防ぎ自宅での生活ができる能力を取り戻すことを目標に2000年に設けられた制度です。入院の対象となる病気は脳血管障害(脳卒中といわれる脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、脊髄損傷などの中枢神経系と大腿骨頚部骨折、脊椎骨折などの骨折などに限定されており、発症早期から期間をきめて積極的なリハビリテーションを行うように定められています。2006年4月の健康保険制度の改正でさらに早期化されて発症から2ヶ月以内に開始し期間も3から5ヶ月と短期間となりました。そのため急性期病院とのスムースな連携が必要で、リハビリテーションのための設備人員も十分にそろえておかなければなりません。当院では入院病床84床にたいしてリハビリテーション専門職約45人、看護師介護福祉士など65人、そのほか社会福祉士、薬剤師、管理栄養士、臨床心理士、医師など総勢100人を超える医療職員が患者様の一日も早い自宅復帰を目標にご家族の方とも協力しながらリハビリテーションを進めています。おかげさまで地域の皆様、近隣の急性期病院の先生方にご支持をいただくことができて毎年250人を超える入院患者様のリハビリテーションをさせていただいています。さらに70%を超える脳血管障害の患者様に自宅へ戻っていただいています。「移動手段(歩行)の獲得」「日常生活動作の自立」「自宅に帰る」を目標にこれからも職員一致協力して地域の皆様の期待にお答えできるよう努力していきたいと考えています。

白山リハビリテーション病院 院長 安田敬志